Blu-ray Recorder

ブルーレイレコーダが、故障してしまい買い替えを考えている方に一度読んでいただきたい対処法をご紹介するサイトです。

多くの家電メーカーから発売され家庭で利用しているブルーレイレコーダは非常に便利で扱いやすい家電ですが、一度故障するとせっかく撮り溜めた番組やホームビデオが無くなるかもしれません。

故障内容によっては、レコーダーを交換しなくても十分利用できることもあります。

  • 各種メーカーにより修理方法や進め方が違うためメーカー別又故障箇所別の修理方法を見てみましょう。
    ブルーレイレコーダーのトラブルや故障は複数ありますが大きく分けて
    HDDエラー
    BDドライブ(ライター)エラー
    排熱ファンエラー
    基盤エラー

等のトラブルをよく耳にいたします。

保証期間を過ぎると修理代金は、新品価格の半分ぐらい掛かってしまうケースも有るようです。

ブルーレイレコーダーの寿命は、内蔵されているハードディスクの寿命である5〜6年が目安となります。

しかし、前述の通り、使用する頻度や環境(湿気・振動・ホコリ・熱など)が原因で、目安の年数よりも早く寿命を迎えることもあるため注意が必要です。
では、ブルーレイレコーダーが寿命を迎えた際の症状にはどのような特徴があるのでしょうか。

寿命が近付いたときによく見られる現象や改善方法をチェックし、リモコンに問題がないことを確認したうえで、不調・故障なのか寿命なのかを判断しましょう。

ブルーレイレコーダーが故障したときは、状態を正しく把握し自力で直すことができるか確認しましょう。故障内容によっては、自分自身で対処できる可能性があります。
ここでは、ブルーレイレコーダーが故障したときの症状ごとに、対処法を解説します。ただし、メーカーや機種によっては、設定や方法が違いますのでメーカーや型番で確認が必要です。
ブルーレイレコーダーの寿命は、内蔵HDD(内蔵されているハードディスク)の耐久性によって異なります。一般的にHDDを利用したレコーダーの寿命は5年~使用時間50000時間が目安となっており、ブルーレイレコーダーの場合は、とくに5~7年程度の商品が多いでしょう。
メーカーの違いによっても寿命の目安が前後するほか、使用頻度や湿気・ホコリ・熱など使用する環境が原因で、耐用年数以内に故障してしまう場合もあります。
ブルーレイレコーダーは、5~7年で寿命がくる場合が多いです。寿命が近づくにつれ、電源が入らない、正しく録画できない、トレーが開閉できないなどの、あらゆる不具合が見られるようになります。

ブルーレイレコーダーの調子が悪いと感じたら、これらのポイントをチェックしながら寿命かどうか判断しましょう。また、故障を防いで、できるだけ長く使うためには、適した場所に設置し、定期的に掃除をおこなうことが大切です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください